ペットシッターご利用案内

1、お問い合わせ
   シッターの理解、お世話の費用等の疑問解消、日程確認予約

2、事前お打ち合わせ
   お世話の内容を確認しカルテ作成、合鍵お預かり、費用領収。

3、シッティング
   訪問、ペットの食事、トイレの確認などご依頼された内容で、お世話の代行を実施、ペットの様子を日誌(写真付きメール)で報告

4、合鍵返却
   ご指定の日時に合鍵返却に訪問します。

まずは、問い合わせください。

ペットシッター契約規定書(日本ペットシッター協会事務局)

下記は、本格的な営業を開始した場合の規定ですが、ボランティアでも関連する項目は準拠するものとしたい。

この規約は日本ペットシッター協会登録ペットシッター士の受ける報酬についての標準を示すものです。料金の決定につきましては、ご面談いたし、又お電話、メールでの問い合わせにて詳細な事情を受け承った上で適正な料金を算定し、お引き受けする事に致しております。
<第一条> ペットシッター士がその業務に対して受ける報酬について次の通り定めます。
    別途ホームページのメインページに記載の通り。
※料金について
・料金はご依頼と同時に全納して頂きます。
・依頼成立し頂戴した料金は原則として払戻しはしません。
・依頼内容の状況により料金が増減する場合があります。
・交通費、自動車料等は、実費として料金外に頂戴します。
・依頼成立にて契約した以外の料金は請求致しません。
・依頼料金は依頼内容や行動範囲、その他種々の事情により大幅に増減するものですから、上記料金はその基準を示したものであります。料金の決定につきましては、ご面談致し、又お電話内容にて詳細な事情を承った上で適切な料金を算定し、お引受けする事に致しております。
<第二条> 契約に関して
1.小動物に関しては双方相談の上取決めるものとします。
2.遠方の場合はお互いに相談の上取決めるものとします。
3.犬に関しては予防注射を受けている事を第一の条件として、又、自己報告ない場合は途中であっても中止致します。
4.妊娠中の動物については取り扱わない事とします。
5.本人のお宅へお伺いし、お預かりするペットに関する詳細報告を提出して頂きます。尚、申告書に虚偽の報告が発覚した場合、即、契約は無効とします。その場合、料金に関する返金には応じない事とします。
6.人に危害を与える犬に関しては、お断りする場合があります。
<第三条> 附則
1.前項・各条に規定の無い仕事については、それぞれ類推して、相当額を協定するものとします。
2.職責の重要度を認識し、法則及び道徳に反する業務は、受託しません。
3.時流に遅れない為に、常にシッターの能力向上を目指し努力を怠らない。そして、「貴方を待っているペット達からも、そして又、誰からも愛される人物」となるよう人格の形成に努力します。
<第四条> ペットシッターの資格と責務
1.ペットシッター士は、日本ペットシッター協会規定の受講終了者であり、技能、品格共に適格と認められ、認定試験に合格したる者で本協会の正会員であるものとする。
2.留守中のペットのお世話代行。
3.簡易なペットに関する分析、提言及び助言のマネージメントサービス。
4.ペットについての指導、相談及び講演。
5.依頼業務進行中に起こったトラブルについては、同意書記載の通りとする。
     

  • 日本ペットシッター協会事務局
  •   

    写真館
    各種写真を集めました。
    情報
    2019/01月20日 代田八幡宮にて三土代会の餅つき発表会がありました 2025/04月本格的業務開始予定
    2025/10月訓練士取得予定
    日本ペットシッター協会
    リンク
    inserted by FC2 system